組織の分析をすることが可能な機能

人材管理システムは人材のデータベースを使って組織の分析をすることが可能です。具体的には組織の離職率や平均年齢や要員数などの基本情報から、各メンバーの人事相談のレポートや悩みごとや将来の希望キャリアなど細かい情報を層別したレポートの出力が可能です。残業時間や有給取得など労務情報も分析できます。こうしたデータを活用することで、従業員満足度や社員の会社への貢献度など組織の状況をみることができます。このような機能を効果的に使うためには、システムの仕様がユーザー側のニーズに合っているかどうかが重要です。ユーザーに応じて業者がカスタマイズしてくれるサービスや、ユーザー側がテンプレートを選ぶサービスなどいろいろあります。予算と合わせて検討することがポイントです。

360度評価を実施することが可能な機能

上司の評価や業務実績の評価が人材管理の一般的な重要ポイントですが、社員同士や関係部門からの評価といったいろいろな人の視点を評価として蓄積するシステムがあります。通称360度評価といわれるものです。各質問事項に自己評価と他者評価を行い、その差をレポートとして出力することで自分の長所や短所を客観的に見ることができ人材育成につながります。また、人事異動を検討するうえでの参考にもなります。質問事項はユーザー側で選んで組み合わせることができます。また、フリーコメントや記述式の質問をすることができるので、詳細な評価を実現する機能もあります。過去の履歴をならべて分析する機能などシステムによってオプション機能は様々です。